幅広く活躍してますよ

加振器と振動監視についての話をしようかと思います。
「えっ?なにそれ!」と言われてしまいそうですが、おっしゃる通りです。普段、生活してる中では、あまり聞き馴染みの無い言葉だと思います。
文字から察するに、加振器は振動を加える装置なのかなあと。振動監視はある物に振動させている光景をずっと監視しているのだろうと想像してしまいますが、これはほぼ正解といった感じです。

製品は、研究を経て、開発して製造して販売をするといった流れで、我々消費者も元に届きます。そのあと、製品の寿命まで使い続けて買い換えるまでを、製造の現場では日夜研究されています。
つまり、使っておしまいではないのです。
どのようにすれば製品がよくなるのか、どのように使用すれば寿命が来るのかの年月の見極めや、安全に使ってもらえるためにはどうすればいいのかを、研究しています。
その研究に欠かせないのが、加振器と振動監視なのです。

そして、加振器と振動監視は我々の身近な製品から、火力・水力発電に至るまで幅広く活躍しています。
知らず知らずの中でこんなに浸透してるとはと、びっくりするような事が多いんです。
そう!あなたが今近くにあるあの製品も、加振器と振動監視で何回もデータ集められて開発されているのですよ!
興味が出てきましたか?では、難しいことは置いておいて、わかりやすく一体どようなものなのか見ていくことにしましょう。

関連リンク

映像監視について知るならこちら|アンリツネットワークス

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし